【症状別】タマゴサミンで効果が期待できる関節痛の種類

タマゴサミンは関節の曲げ伸ばしに効果的と言われてますが、どんな関節の症状に期待できるかは詳しく記載されていません。

なので、今回はタマゴサミンの効果が望める関節痛について症状ごとにご紹介します。

タマゴサミンは変形性ひざ関節症にも効果的か?

タマゴサミンは膝の軟骨がすり減って変形していく変形性ひざ関節症にも効果があると言われています。

健康な人のひざは関節の軟骨部分に衝撃を吸収するためのヒアルロン酸などのクッション成分がたっぷりと含まれています。

それが年齢や遺伝的な理由で、だんだんと衰弱していって、曲げ伸ばしに必要なヒアルロン酸が枯渇してくるんですよね。

そうなると体重が増えたり、膝周りの筋肉が減少していったときに、軟骨にストレスがかかって摩耗してすり減っていくようになります。

タマゴサミンのなかに配合されているアイハという成分には、膝の曲げ伸ばしに必要なヒアルロン酸を自発的に産出させる働きがあります。

なので、膝の中のヒアルロン酸が足りない人がタマゴサミンを継続的に摂取すると、だんだんと膝の曲げ伸ばしの動きが軽やかになってくるわけです。

そういったことを考えると変形性膝関節症で膝の曲げ伸ばしに不安がある方にとっても、タマゴサミンは効果的に働く可能性があります。

タマゴサミンを開発している株式会社ファーマフーズの研究機関「タマゴ基地」はアイハ成分でウサギの軟骨が修復する実験を成功させています。

タマゴサミンは五十肩にも効果的か?

タマゴサミンは肩が上がらなくて悩んでいる五十肩の方にも効果が望めるサプリメントです。

五十肩の正式名称は肩関節周囲炎と呼ばれています。

肩関節周囲炎は中高年の世代に多く見受けられている関節痛です。

酷くなると服を自分で着脱することも難しくなるので生活するのも一苦労します。

痛みが酷い場合は肩の関節のなかに石灰が沈着している可能性があるので整形外科を受診しましょう。

整形外科を受診してレントゲンを撮っても肩の関節に何の問題もないことがあります。

いわゆる原因不明の五十肩です。

考えられることとしては、更年期によってホルモンの働きが悪くなっていたり、心因的なストレスが関係していたりします。

ストレスによってホルモンの働きが崩れると肩関節のなかにある潤滑油がうまく分泌されなくなるので、肩が上がらないなどの症状が出てくることもあるでしょう。

そういったときはタマゴサミンの効果が望める可能性があります。

試してみないと分かりませんが、タマゴサミンを飲んで肩の上がりが良くなっている人はたくさんいるみたいです。

タマゴサミンは椎間板ヘルニアにも効果的か?

タマゴサミンには関節の動きを良くするための卵から抽出したアイハというタンパク質が豊富に含まれています。

椎間板ヘルニアは脊柱のなかにあるクッション素材の椎間板が飛び出して神経を圧迫することで腰部に強い痛みを誘発します。

タマゴサミンのアイハを継続的に摂取することは椎間板などの関節軟骨を丈夫にさせるうえでも役立ちます。

もちろんアイハを飲むことで飛び出た椎間板が元の位置に戻るかは分かりませんが、飲んで効果を実感できる可能性は充分にあるといっていいでしょう。

椎間板ヘルニアになる原因は周りの筋肉が衰えてしまったことで、椎間板に集中的に負荷がかかって起きていることが多いですね。

なので、タマゴサミンなどのサプリメントを取り入れるだけでなく、お風呂上がりなどの筋肉が温まった時に痛まない範囲でストレッチをして硬くなった筋肉を伸ばしたりするのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です