タマゴサミンは元女子マラソンの有森裕子さんも飲んでいるって本当?!

タマゴサミンは元女子マラソン選手の有森裕子さんも飲んでいることが分かりました。

有森裕子さんと言えば、1992年に開催されたバルセロナオリンピックで銀メダルを獲得した元スーパーアスリートですね。

タマゴサミンを有森裕子さんが飲んでいることで、おそらくマラソンランナーの方もタマゴサミンの存在が気になっているかもしれませんね。

今は日体大の客員教授をされながら、日本陸上競技連盟の理事として活動されています。

他にも肩書きはたくさん持たれていまして、国連人口基金の親善大使までされているようです。

そんな誰もが知っている有森裕子さんがタマゴサミンの広告塔になっているのは説得力がありますね。

インターネットのなかではあまり大々的に取り上げられていなかったのですが、テレビCMには有森裕子さんが出演しているそうです。

タマゴサミンを有森裕子さんが本当に飲んでいるのか確認してみた

有森裕子さんがタマゴサミンのCMに出演している情報をネットの中から探してもなかなか見つかりません。

半ば諦めかけていたんですが、YouTubeに有森裕子さんのCMがアップされているのを見つけることができました。

動画のなかでは有森裕子さんがタマゴサミンの開発担当者の青笹正義さんにタマゴ基地のなかを案内してもらっています。

残念ながらこの動画のなかではタマゴサミンの現物を有森裕子さんが飲んでいるシーンは出てきません。

ですが、10年という長い年月をかけてタマゴだけを研究し続けているタマゴ基地の理念や研究員の方たちが律儀に研究しているシーンを確認することができます。

動画の中盤で有森さんが卵黄から抽出した希少な新成分のアイハパウダーを指ですくって味見している場面がありました。

アイハ成分が凝集している白のパウダーの味見をした有森さんは、とても逃がそうな顔をしていましたね。

わたしはアイハが凝縮したパウダーを舐めたことはないですが、タマゴサミンの粒を歯で噛んで食べたことがあります。

味はそこまで苦くなくてどちらかと言うとほのかにショウガの香りがして甘い味がします。

アイハパウダーは苦くてもタマゴサミンは苦くありませんから安心してください。

タマゴ基地で開発されたアイハは世界初の成分

タマゴ一筋のとてもユニークな企業がファーマーフーズなんですが、ファーマフーズの別名がタマゴ基地であることは私も初めて知りましたね。

タマゴ基地のなかには辺り一面タマゴだらけで、有森裕子さんもビックリしていましたね。

動画のなかで顕微鏡を使ってクッション成分のなかにアイハを加えて拡大していく場面があるのですが、実際に顕微鏡のなかを覗いて増えるところを見ると凄いってなりそうです。

動画で確認はできますが、イマイチなにが凄いのか伝わってきませんでした。笑

ただ、アイハはファーマフーズが開発した世界初の成分であることには変わりないので、今後も多くの人がアイハを試して快適な毎日を楽しんでいってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です