【正月太りは膝痛の原因】タマゴサミンで軟骨を守ろう

年末年始は確実に体にとって負担のかかる期間です。

とくに年始の時期は食事や飲む量が増えて体重も増えやすいと言えるでしょう。

体重が増えると関節軟骨に大きな負担がかかるようになって、膝関節全体に炎症が起きやすくなります。

日頃から体質改善に気を配っている方であれば少々体重が増えるくらいで膝は痛くなりませんが、日頃から不摂生な生活を送っている人にとっては命取りになります。

体重が増えても膝が痛くならない人は軟骨が丈夫

体重が増えても膝が痛くならない人は基本的に軟骨が丈夫です。

軟骨が丈夫な人はヒアルロン酸が関節の中に満たされた状態なので、曲げ伸ばし運動をしたときに軟骨を保護してくれます。

なので、仮に正月太りで体重が増えたとしても軟骨が痛む割合が少なくなるということです。

体重が増えても膝が痛くならない人は筋肉が柔らかい

体重が増えても膝が痛くならない人は筋肉が柔らかくて血液もしっかりと循環しています。

膝の関節周りにある筋肉がないと体重が増えたぶんの重力を支えきれないので、関節に大きな負担がかかります。

筋肉があればある程度体重が増えても膝を痛めにくくなります。

もちろん幾ら筋肉があっても硬くて疲れた筋肉の場合は役に立ちません。

理想の筋肉はこんな筋肉

リラックスしてるときはつきたてのお餅のようにトロントロンに柔らかくて、力を入れたときは鋼のように硬くなるような筋肉が膝関節をプロテクターのように守ってくれます。

正月太りを解消しようと急激に運動するのは膝痛の原因になる

正月太りをすると早くに体重を落とさないとと思って、急激に体を動かして無理なダイエットをしがちです。

ですが、縄跳びやランニングなどの急激な運動は膝痛を悪化させる原因になります。

とくに体重が増えている間はできるだけ食事制限とウォーキングなどを組み合わせて徐々に体重を減らしていくことが大切です。

食事制限といっても、ご飯を食べるのをやめてはいけません。

筋肉はタンパク質が材料となって出来ていますから、大豆や肉や魚などのタンパク質を摂取するようにします。

オススメの栄養素はウナギやレバーなどの動物性たんぱく質です。

元の体重に戻ってきたら、徐々に運動の強度を上げて膝が痛くならない範囲でジョギングなどを実践していくようにしましょう。

タマゴサミンも並行活用して軟骨を守ろう

タマゴサミンも食事の延長線上で意識的に摂取していくことで、軟骨再生の効果が期待できます。

薬ではありませんので、確実に軟骨が再生するとは言えません。

ですが、タマゴサミンを開発しているファーマフーズではタマゴサミンのなかに配合されているアイハというタンパク質が軟骨を修復してくれる効果が期待できることを実験のなかで証明しています。

タマゴサミンには他のグルコサミンにはない説得力があるので、継続して飲んでいくことで思わぬ効果を実感することができるかもしれません。

ぜひ、お正月太りで悩まれている方はタマゴサミンも上手く活用していってもらえると幸いです。